しゅうの日記

ヴァンガードとサッカーについていろいろ語ります

アモンの紹介 後半

こんにちは しゅう です。

前半ではプレイについて書いたので、後半はデッキ構築について書こうと思います。

デッキ構成
Gゾーン
忌まわしき者ジル・ド・レイ 4枚
アモンの赤眼 フォルネウス 4枚
常闇を裂く者 ブレダマオス 2枚
アモンの鉤爪 マルコキアス 1枚
偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト 2枚
夜陰の紳士 サンジェルマン 2枚
幻獣咬爵 サブナック 1枚
G3
アモンの瞳 アガレス 4枚
G2
アモンの眷属ヘルズ・ドロー 4枚
アモンの眷属ヘルズ・ネイル 4枚
アモンの眷属オディオス・サンダー 3枚
アモンの眷属ロン・ジンリン 3枚
G1
アモンの眷属ヘルズ・ディール 4枚
アモンの眷属ヘイトフル・サイクロン 4枚
純愛のサキュバス 3枚
貪欲のサキュバス 4枚
G0
アモンの眷属パーメイド・グレイス 1枚 
アモンの眷属クルーエル・ハンド 4枚
アモンの眷属グラオザーム 4枚
ヒステリック・シャーリー 4枚
アモンの眷属ヘルズ・トリック 4枚

 

Gゾーンについて

割と適当ですが、変に変える必要もないと思います。

ジルドレイ→ワンセットでもいいですが、深闇にしなくても良い点を考慮して4枚にしました。

フォルネウス→実際4枚も使うことはないと思います。クリが増えるので、点止めには使えますが、このデッキには、ドロソがないので、そんなことをしてもジリ貧になることが大半です。それに点止めを視野に入れるならアモンЯも入れたほうがいいです。G3が4枚しかなく、Gアシすることも多いので、Gアシで切ることも考えて4枚入れてます。

レダマオス→深闇にしないといけないですが、とても強いです。基本的に、ソウル20枚を越えているはずなので、6~7枚ぐらいはトリガーが入っていると思われます。パーメイドグレイス、アガレスの上の効果をフル活用していけば、すごいことになります。

マルコキアス→たまに刺さるので1枚あればいい。アガレスとの相性は一番。

アグラト・パト・マルト→いまさら特に書くこともないし、必要もない気がしますが、とりま、グラオザームがこの効果で入るとおいしい事があります。

サンジェルマン→これも特に書くことないですが、レジスタンスを与える効果は、一部デッキに刺さります。

サブナック→あまり有効な場面を相手が作ってこないですが、入れて損はないです。

G3について

アガレス→デッキの主軸です。財布に優しくて強いカードです。

他のG3について→なるべく非名称を入れたくないので、アモンを含むG3を見たときに、それらは、「魔界公爵アモン」があると強いカードばかりなので、違うなっと思い不採用となりました。

G2について

ヘルズドロー、ヘルズネイル→ソウル貯める手段として便利。

ロンジンリン→なんだかんだでバニホ互換は無難に使いやすい。

オディオス→3枚にしていますが、2枚でいいです。思いの外使いにくいです。

G1について

ヘルズディール→ソウル貯める手段として便利

サイクロン→アタッカーにもブースターにもなるので使いやすいです。パーメイドグレイスが焼かれても、サイクロンを使えれば、割と殺せます。

純愛のサキュバス→超越を安定させるためにも、シシルス互換は抜けないですね

貪欲のサキュバス→回収できる完ガはやはり強いですね。さすが1000円買取

守護者について→バフステアをピン刺しするのはいいかも知れないですが試せてないです。CBの消費量も増えたので完ガGや、名称重視でスペキュラも考えましたが、回収できる貪欲が最適かなっと思います。

G0について

パーメイド→地味にぶっ壊れFV。弱いことがほとんど書いてない。

シャーリー→最初は入れずに調整していましたが、入れたところ安定感が増しました。

残り→名称重視