しゅうの日記

ヴァンガードとサッカーについていろいろ語ります

W杯予想1

あけましておめでとうございます しゅう です。
今回は、サッカー日本代表について書こうと思います。
〈W杯メンバー予想〉
当確
FW大迫勇也乾貴士
MF長谷部誠、山口蛍、井手口陽介
DF酒井宏樹長友佑都吉田麻也
GK川島永嗣
有力
FW原口元気浅野拓磨
MF長澤和輝、今野泰幸
DF酒井高徳槙野智章
GK中村航輔
候補
FW(1トップ)岡崎慎司杉本健勇川又堅碁
(右サイド)本田圭佑久保裕也、伊東純也
(左サイド)武藤嘉紀
MF(インサイドハーフ香川真司倉田秋柴崎岳清武弘嗣小林祐希大島僚太森岡亮太
(アンカー)遠藤航
DF(センターバック昌子源森重真人、植田直道、三浦弦太
サイドバック車屋紳太郎
GK東口順昭西川周作

現状だとこんな感じにグループ分けできると思います。
有力含めると1トップ1人、右サイド1人、左サイド2人、インサイドハーフ3人、アンカー2人、サイドバック3人、センターバック2人、ゴールキーパー2人となります。
各ポジション2人ずつ(ゴールキーパーは3人)と考えると、1トップ1人、右サイド1人、インサイドハーフ1人、サイドバック1人、センターバック2人、ゴールキーパー1人が枠としては余っています。しかし、先日のE-1選手権で植田選手が右サイドバックをやったこと、昨年のオーストラリア戦や、クラブで槙野が左サイドバックをやっていることを考慮すると、サイドバック枠を3人にして、緊急時にはセンターバックから回す考えも監督の頭にはあるのではないでしょうか。
各ポジション見ていきましょう
1トップ 大迫選手のポストプレイありきのサッカーともいえるので、大迫選手は当確。2番手がどうなるかですが、2番手にもポストプレイを求めているのであれば、E-1選手権でアピールできた川又選手が有力です。2番手はジョーカーという考えならば、岡崎選手や、杉本選手となるでしょう。しかし杉本選手は怪我の手術をするみたいなので回復状況によってはかなり厳しくなると思います。僕は岡崎選手になるのでは、と思います。
左サイド ハリル監督に絶賛されている乾選手は当確ですね。原口選手もかなり当確に近いですが、出場機会が得られていないので、冬に移籍して出場機会を得ないと候補選手の調子次第では落選もあり得ます。候補の中では、武藤選手が1番可能性あると思います。継続して結果を残していけば可能性はあると思います。
右サイド 浅野選手が自慢のスピードを活かして動いているので作れているチャンスが何本か見受けられます。そのチャンスをものにできないのは、浅野選手自身や、周りの動きに問題はありますが、浅野選手がいなかったらそのチャンスは作れていないので、浅野選手は有力だと思います。2番手ですが、本田選手は起点とロシアでの経験、自分が叩かれることでほかの選手を守るという思考がありそうというところで、チャンスあると思います。伊藤選手はスピードというところで1つ生み出せて、またドリブルで1つ生み出せるようにJリーグでのプレイからは思いますが、世界相手にそれが出来るかどうかだと思います。久保選手は、11月の試合では守備のところで穴になっていた上に、攻撃面で大した動きができていなかったので厳しいように思います。クラブで結果を残して調子が戻ってくれば可能性はあるでしょう。
インサイドハーフ 山口選手、井手口選手は監督の起用法を見るに当確でしょう。長澤選手もベルギー戦の動きからして有力です。香川選手は、代表での活躍をみると期待が大きいからか微妙に見えますが、良いと思います。倉田選手はボールを持った時にデュエルを仕掛けられるというところでハリル監督に重用されているので可能性は十二分にあると思います。柴崎選手、清武選手は今の代表に足りていないセットプレイのキッカーとしてのところで評価されるに値すると思います。ただ守備面での強度で穴になりそうでもあります。小林祐希選手は、気が利いたプレイをできるというところでほかの選手を上回っていると思います。
アンカー 長谷部選手は膝がやばいことにならない限りは選出されると思います。長谷部選手の代役として今野選手を考えているみたいですが、普通にユーティリティー枠として今野選手を連れていくのではないかと思います。遠藤航選手は、長谷部選手、今野選手に万が一のことがあれば選出されると思います。
センターバック 吉田選手はDFリーダーでもあるので確実でしょう。槙野選手もクラブでよっぽどの失態をしない限りは安泰でしょう。昌子選手は、E-1選手権で監督の中での評価が下がった可能性がありますが、選ばれると思います。森重選手は、怪我が治ったので調子が戻れば選ばれる可能性は普通にあると思います。植田選手、三浦選手に関しては、サイドバックも一応熟せられる点をどう見ているのかと調子次第だと思います。
サイドバック 酒井宏樹選手、長友選手は当確でしょう。酒井高徳選手も当確に近いと思います。先述3選手共に両サイドバック出来るので十分に回せられると思います。4番手は、ここ3回の代表招集で選出されている車屋選手が1番可能性高いと思います。
ゴールキーパー 川島選手は当確。中村選手もE-1選手権の活躍で2番手まで上がったと思うので、有力でしょう。西川選手は1時期スタメンだったので監督からすれば計算できる選手だと思いますが、東口選手の調子次第では落選もあり得ると思います。