しゅうの日記

ヴァンガードとサッカーについていろいろ語ります

秋春制について

こんにちは しゅう です。

今回は時々話題に出る秋春制について自分なりの見解を書きたいと思います。

1ヶ月ぐらい前に、10年間は論議しないという結論がJリーグ側から出ましたが、JFAの田嶋会長がそれに激怒したらしく、意地でも秋春制にしようとしているのが現状です。

ここで、秋春制にするメリットとデメリットを整理してみましょう。

メリット

・欧州主要リーグと同じになるので、Jリーグから海外や、海外からJリーグへの移籍が増え、代表強化に繋がる。

デメリット

・高卒選手、大卒選手の扱いが大変になる。

・欧州主要リーグがシーズンオフの時に、見るものがなくなり、ブックメーカー等の試合結果を賭けるものをやっているところや、DAZN、スカパー等の試合を放映しているところが、大きな損を受ける。

・12月、1月、2月は雪が降ったり、とても寒かったりで、環境が良くない。

こんなかんじでしょうか。

正直、秋春制にするべきではないと思います。ただ、ACLがどうなるかによるところはあります。田嶋会長が動いたということは、そこに何かが起きる予兆なのかなと思います。田嶋会長は決めればなるようになると思っているようなんで、不安ですね。